Saturday, 12 February 2011

KYOTO no TABI

永遠のラブリーベビーフェイス、ちゅーめいちゃんと行ってきたのは5年ぶり2度目の京都。

楽しくなりすぎて、「そうだ、京都行こう」のCMでお馴染み、
サウンド・オブ・ミュージックの「わたしのお気に入り」を口ずさみながら街を歩きました。
そんなことするのは後にも先にもわたしだろう・・と思っていたら
すれ違ったカップルが「てーれっれっ♪てーれっれっ♪てーれっれっれれー♬」と
陽気なムードを振りまきながらわたしと同じ曲を歌っていて、何だか心の底から嬉しくなりました。

新幹線を降りれば、シンボル京都タワーがどどんとお出迎え。
京都に着いてすぐに食べたのは、ゆば丼。うまーい。

「松風や音羽の滝の清水をむすぶ心はすずしかるらん」おなじみ清水寺。
京都らしい小径。たとえそれが観光客向けのお土産店ばかりだとしても。
海外からやって来たお客さんの注目を一身に浴びていた、人気者のお地蔵さん。
ちゅーめいちゃん、地主神社にて。

街を歩けばぽつんと出現する安井金比羅。
この碑の中央にある穴をくぐり抜けると悪い縁は断ち切られ良縁がやってくるそう。
もちろんわたしたちもくぐりました。
八坂神社の絵馬はハート型です。うむーかわいいわ!
ここでわたしは旅番組撮影中の高木美保さんと嶋大輔氏を発見したのであった。
祇園にてすき焼きを食す。東の味にくらべてたれが甘かったのでちょっとびっくりしたけれど
そのおいしさは本物です。

こちらも祇園きななで頂いた、きなこパフェ。店内は女の子であふれてました。

嵐山にて着物を着ました。
「あーでもない、こーでもない」と言いながら着物を選ぶのは楽しかった。
わたしたち2人の好みは、はっきりとわかれたのであった。

嵯峨野の竹林は青々しくて気持ちがよいのです。
わたし、着物には慣れてる方だと自負していたのですが・・さすがに長時間歩き回って疲れたの図。
先斗町のおそろい提灯は鳥模様。
鴨川の眺め。景観が統一されています。そこが京都のよいところ。
ポップなきみどり色がラブリーすぎる奈良線に胸を打ち抜かれ、鉄子気分で向かった先は伏見稲荷。
ここの絵馬はキツネの形。みなさまのキツネをアレンジするアイディアに脱帽。バカボン!!
かの有名な千本鳥居。ただただ圧倒されてしまいました。

旅の最後は都路里パフェ。バレンタイン限定バージョン。

 ひのきのお風呂がさいこうに気持ちよいホテルカンラ京都。
 想像以上に広かった!!!

あーほんとうに快適な旅であったよ。

時間がゆっくりと流れていて、自然と懐かしさがこみ上げてくる・・・京都はそんなところでした。
ひっそりと、堂々と、何千年もの歴史をわたしたちに伝えてくれるこの街は本当に魅力的。
また何度でも行きたくなる不思議な街!!




click me please
↓↓
<span style=
<span style=