Thursday, 21 April 2011

Karsh Exhibition in Seoul

ソウルの世宗大王像横にあるミュージアムを通ったとき、偶然目にしたのはこの大きな看板。


ヘップバーンの美しすぎる横顔・・・・。この有名な写真はYousuf Karsh!!!!
金ピカな世宗大王を見たときよりもわたしのテンションはあがりました。
ソウルでお目にかかれるとは知らなんだー。

一緒にいたメイメイちゃんに相談して、急遽このKarsh展を観ることに。わーい。

ユーサフ・カーシュ(1908−2002)はトルコで生まれカナダで活躍した写真家です。
多くのセレブリティのポートレイトを撮影していることで有名。
「カーシュに撮影されることが、世界のセレブの証」
・・誰もが絶対に一度は彼の作品を見たことあるはず!!

1930-90年代にかけて撮影されたカーシュの4000点あまりの作品の中から
厳選された約100点のポートレイトが今回展示されています。

これがもう、すばらしーのなんのって。

"Andy Warhol" 1979 / "Bridget Bardot" 1958 / "Winston Churchill" 1951


ポスター/看板になっていたオードリーをはじめ
エリザベス・テイラー、クリスチャン・ディオール、
アインシュタイン、ピカソ、マン・レイ、ウォルト・ディズニーなど
世界にその名を馳せる著名人から
「英国王のスピーチ」でお馴染みジョージ6世やエリザベス女王、チャールズ皇太子のロイヤルファミリー、
クラシック音楽界からはレナード・バーンスタインやグレン・グールド、
ヘミングウェイ、ジョージ・バーナード・ショウ、トマス・マンら文豪まで!!



なにこれ豪華すぎる!豪華すぎてノックアウト寸前。

4月17日のお昼過ぎ、セジョンミュージアム内にて
日本語でぶつくさ言いながら感動していた水玉ワンピースの小さな日本人・・・それはわたしです。

光と影、自然なのに計算しつくされたポージング、すべてが絶妙に絡み合っているモノクロームの色彩。
鳥肌ものです。

5月22日までセジョンミュージアムで開催中とのことなので、
期間中にソウルを訪れる機会のある方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。
入場料9000ウォン以上の価値は絶対にありますよ!


click me please
↓↓
<span style=
<span style=