Wednesday, 15 June 2011

Take Me to the Park

ロンドンに来て驚いたこと。至る所に公園があること!
東京じゃ考えられない。

大きな池にはカモや水鳥、白鳥までが普通に暮らしています。

一見無造作に生えているかのようなお花も
実はさりげなく統一された色合いで植えられています。
うぅぅ。わたしもいつか部屋のベランダか家の庭を花で埋め尽くしたい!

ロマンチックムード全開なバラのゲート。
かわいすぎる。ひとめぼれしてしまいました。
真っ白なコットンのワンピースを来た金髪少女を立たせて写真撮影したいです。(何の願望・・・)

そしてロンドンの公園といえばリス!!
ロンドンで多く見かけるこのタイプのリスは、外来種の灰色リス。
元々イギリスに住んでいた小さくてかわいらしい赤色リス(ディズニーアニメに出てくるタイプ)は
最近どんどん数が減っているそう・・・。
バラのガーデン。殆どのバラが終わりかけだったけれど
ものすごーく、いいかおりが広がっています。

芝生にお花が混じっていてすてき。
ロンドンってば、これで毎日天気がよかったらパーフェクトな街だな・・・・。ふふ。


わたしはこちらに来てから公園が大好きになりすぎて

セントラルならばハイドパークかリージェンツパーク、
近所ならば寮から歩いて10分のところにある大きな公園へと足繁く通っております。

リスやキツネが当たり前のようにいる都会の公園で、ピクニックしたり語ったりごろごろしたり。
太陽を浴びて芝生に寝転がる瞬間の幸せ度はマックスです。何もしない贅沢!!!

今度また気持ち良い陽気の日があったら、洋書とipodを持って公園へゆき
太陽の下ひとり日光浴しながら勉強するぞー。