Thursday, 2 June 2011

X-MEN FIRST CLASS

わたしの愛するジェームス・マカヴォイが若き日のプロフェッサーXを演じている
"X-MEN FIRST CLASS"
(邦題は『X-MEN ファーストジェネレーション』みたいですね)

ミーハーなわたしの場合、マカヴォイ氏が主演というだけで映画のよさ3割増しなのですが
それに加えて監督は"KICK-ASS"のマシュー・ヴォーン。
面白くないわけなくない!?面白いに決まってるよ!と
興奮を抑えられず、待ちきれなくて待ちきれなくて
公開初日6月1日の夜、レスタースクエアのVUEまで行き、友人と観てまいりました。


エグゼビアとマグニートが敵同士になるまえの話。
みんながまだ若かったころの話。

うへー!!!!!!
英語もめちゃめちゃ聞き取りやすくて

た の し す ぎ た !!!

エリックの痛々しい幼少時代のシーンから始まるこの物語。
なぜエリックはプロフェッサーXと敵対するようになったのか
なぜミュータントは分裂してしまったのか
なぜプロフェッサーXは車椅子にのっているのか
など
X-MENシリーズ「なぜ」の答えがここに。

プロフェッサーXがミュータント探しをしているシーンでは
X-MEN ZEROで主役を勤めたヒュー・ジャックマンがウルバリン役でちょこっと出てきます。
劇場内は笑いと驚きの声でつつまれていました。
海外の映画館はお客さんの反応がいいので面白い。(たまにうるさいけど!)
マグニートが「ぐぬぬぬ〜」と物体を引寄せるシーンでは
自らも手をスクリーンに掲げ一緒に「ぐぬぬぬ〜」とやっているお客さんが数人いらっしゃいましたし
プロフェッサーが他者の思考を読み取り始めたら
やっぱり前の席の男の子が同じポーズをしておりました・・・!!

アクションだけでなく
ミュータントたちのジレンマ、ちょっとしたラブ、友情など
若さとピュアさがじわじわと滲み出ているような感じで
女子のハートにもぐんぐん入り込んで来るストーリー。


地球の全員、この映画は必見です。


★クリックミープリーズ★
↓↓