Sunday, 3 July 2011

HARD ROCK CALLING

イングランド・・そこはロックの国・・・。
大学生のあのころ、毎月のようにライブハウスへ出かけていたわたし。
「いつかイギリスのフェスに行きたいな〜」というのは、漠然とした夢でした。
そしてその漠然とした夢は、あっさりと叶ったのです。

「金曜の夜ハイドパークにTHE KILLERS来るみたいだけど、行く?」

その友人の声は天の声(意味不明)。

もう、そんなの行くに決まってるじゃん!!!!

二つ返事で音楽好きな友人にレスポンスすると
わざわざセントラルのボックスオフィスまで行ってチケットをゲットしてくれました。
(ネットではすでに売り切れだった為)

じゃじゃーん。

金土日と行われた、HARD ROCK CALLING。日本にもあるハードロックカフェ40周年記念フェスです。
そんなに大きなフェスではないけれど
ロンドンの超セントラルにあるハイドパークでやるっていうのでアクセスも抜群。
わたしたちの目当てはKaiser ChiefsとThe KILLERS。
Kaiser Chiefsは渋谷のライブハウスで見たことがあるので2回目。The KILLERSははじめて。
うほほーい。

授業のあと、超特急で会場入りしたわたしたち3人。
中は食べ物屋さんからパブ、ATMまでなんでも揃っていました。フジロックを思い出す・・。

いえーい!
もちろん到着するなりビール・・・。幸せすぎる。

そして次のビールをかけてトランプ勝負。見て下さいこの友人達の真剣なまなざし。
わたしは一番に勝ったのであった・・・えっへん。


だらだらしたりご飯を食べているうちに、すっかり夜は更け
会場は人でいっぱいに。
いよいよ本格的にライブのはじまりです。
小雨がふりはじめましたが、そんなの関係ない!!会場はヒートアップする一方。
飛んで跳ねて歌って踊る・・本場のノリはやっぱりすばらしいわ。

トリのthe killersが登場。
ステージの照明やスモーク具合も一気にグレードアップしていました・・わはは。
わたし的には“somebody told me"がいちばん盛り上がる曲である。

「ステージの目の前に行きたい!」と主張するも、友人らに
「あそこへ行ったらみみこの命が危ない!ここに留まる方が安全だ!!」と説得され
ステージから大分離れたところで鑑賞。

最高のタイミングでババーンと紙吹雪!

そしてラストにはドドーンとHANABI!

会場中、訳がわからなくなるくらい盛り上がっていました。


みんなが盛り上がって、みんながハッピーそうで、なんだかものすごくグッときました。
お祭りごとが大好きですから。

夏はフェスの季節。最高に楽しい季節。

「今度はいつかグラストンベリーフェスティバルに行きたいな〜」

・・・・わたしの中の、次の夢です。(大きすぎる夢という噂も)