Saturday, 3 September 2011

Buongiorno Milano!

8月27日から9月1日まで
学会のためにやって来た父に会うという名目のもと、ミラノに行ってきました。
「27日は雷に大雨」という天気予報にも関わらず、降り立ってみれば晴天のイタリア。
あぁわたしの晴れ女パワーが戻って来た!

連日30℃越えの、夏真っ盛りな陽気!

ミラノといえばやっぱり”Duomo"。その美しい姿にただただ感動。
教会はもう飽きる程見たよーと思っていたけどここは格別です。
6ユーロ払い250段の階段を登れば、Duomoのてっぺんからミラノを一望することができます。
半年ぶりに父にも再会。なんと今年の父の学会は偶然にもミラノだったのです〜。
この後、父とアシスタントの先生、わたしと2人のミラノ近郊出身の友人の計5人でごはんを食べました。
父と友人らは初対面だったけど、グラスワインの後にはみんな超フレンドリーに。
もう最高に楽しかった!

偶然にもイタリアに絶賛里帰り中だった仲良しの2人。
ロンドンゾーン3のドン・ジョバンニ(←範囲限定されすぎ 爆)ことリッチーと
世界的名画「モナリザ」は彼のポートレイトではないかと学校でまことしやかに囁かれるほど
髪をおろせばモナリザにそっくりのダニちゃん。
毎日会いに来てくれてガイドをしてくれたり通訳してくれたり車をだしてくれたり。本当にありがとう!
ロンドンでまたお世話になります・・・。

イタリアの夏はグラニータで涼をとる。シャーベットとジュースの間みたいな飲み物で、どこでもみかけます。
ふと周りを見渡せば子供からおじいちゃんまでみんながジェラードかグラニータを食べているのです。

左手に見えるのがヴットーリオ・エマヌエーレ2世のガレッリア。
なんだかものすごく荘厳なネーミング・・・。
高級ブランドからマクドナルドまでが並ぶショッピングアーケードです。

それはもう豪華絢爛なアーケード内。


床のモザイクも美しいです。

プラーダ!(見るだけ)

グッチカーフェ!(見るだけ)


そしてプラダの近くには痛々しくも急所をえぐられた雄牛のモザイク画。
なんでもこの雄牛はすばらしいパワーを持っているとか。
この急所のくぼみに踵をいれてクルクルと3回転すれば、その人は幸せになれるそうな。

確かに観光客からビジネスマンと思われるスーツを来た男性まで、みんなクルクル回っています。

一日に何度も踏みつけられる為にこの雄牛モザイクは頻繁にダメージを受けているので
修復もかなりの頻度で行われているらしい・・・。(ウィキペディア先生より)


わたしだって幸せになりたい!わたしだって回りたい!

というわけで。


数分待ったあと、わたしも3回クルクルとまわりました。

しかしその後友人から告げられた衝撃の事実。

「確か左足で回るんだよ」

え、ちょっと!?どうして回る前に言ってくれなかったのかしら?

「うーん、あんまり覚えてないけど確か左足だったような。
でもいいんじゃない右足でも。さぁ、今日からみみこもラッキーガールだ!」

・・・・。



せっかくクルクルしたのに幸せになれないかもしれないなんて・・・
と落ち込みながらお昼に食べたこのキノコリゾット、雄牛の急所のことなんか忘れてしまう程おいしかった。
いや、やっぱりこれは雄牛の急所クルクルの効果かもしれないわ!(単純)

ミラノ市立自然博物館。
鉱石を見るのが大好きで、将来は鉱石コレクターになりたいと思っている(本気ですよ!)わたしにとって
足を踏み入れるなり鉱石コーナーがどどんと広がっていたここの博物館はパラダイスでした。
公園にポニーちゃんが!
高級ブランドがずらりと並ぶモンテ・ナポレオーネ通り。
クリスマスはイルミネーションがとっても素敵なんだとか!
そういえばミラノは石畳が多いのにも関わらず、ハイヒールを纏ったモードな女性を沢山見かけました。
やっぱりミラノはファッションの街。

黄色い教会、かわいい。
夢いっぱいの海ケーキ!

そうそう、ミラノはトラムも走っています。一度乗りたかったなぁ(ニセ鉄子魂)。

憩いの場スカーラ広場。

ダニちゃんのお父さんおすすめだった隠れ家的レストラン「アルメルカンテ」。
Duomo周辺なのに海外からの観光客が少なく、イタリア人ばっかりでした。お味もすばらしかったー!
おすすめです。
そしてイタリアといえばジェラード・・・♥♥いつか全部の味を制覇したい!
カステッロ広場。奥に見えるのは元貴族のお城。今は博物館になっています。
ドゥオモ駅から少し歩くと、パブが連なる「クール」なエリアに。
この界隈はとにかくグラフィティが多くておどろきました。
イタリアにグラフィティのイメージなんて無かったよ。
ダブルでエルビスプレスリー!


思っていたよりもずっと小さかったけれど凄く素敵な街でした、ミラノ。
夏真っ盛りの天気においしい食べ物、陽気な人たち・・・。
この一週間で、わたしはすっかりイタリアの虜になってしまった!
蚊にさされまくったこと以外、本当に完璧な旅でした。

今度はミラノからローマを通ってシチリア方面まで、イタリア縦断の旅ができたらいいなぁ〜
なんて、夢は膨らむばかりです。