Sunday, 2 October 2011

BRIGHTON AGAIN

もう10月になるというのに
ここ一週間イギリスには真夏のような天気が戻ってきております。

テレビに映る天気予報のお姉さんも最近は毎日
"very warm with plenty of sunshine"と、いつもよりニコニコしながら解説。

女の子たちは季節はずれのサマードレス&サングラスを身にまとい、足取りも軽く街を歩いています。

わたしはというと
「冬のコートを買ったとたんこんなに暑くなるなんて・・・何故だ!」
と、ちょっぴり悔しさを覚えつつも
このなんとも珍しいインディアンサマーを思いっきり満喫しようと
しまい込んでいたカモメ柄のノースリーブワンピースをクローゼットの奥から引っ張りだし
ロンドンから電車で一時間ちょっとのブライトンへやってきました!


ブライトンのビーチの様子は6月にお伝えしてあるので
今回はブライトンの街並をレポートしたいと思います。

駅前にて。雲ひとつない青空とはこのこと。きもちがよいー。
この日のブライトン駅は、わたしたちのように「晴れ&暑い→海行こうぜ!」という
明快な思考回路を持った人達によって埋め尽くされ、週末の舞浜駅と同じ位に大混雑しておりました!
 やって来たのはブライトン・ノースレーン。
駅を出てすぐのメインストリートをひょいっと入れば、数々のおしゃれなお店がひしめくゾーンです。
 ずらずらっと並ぶカラフルなお家の前にとめられたワーゲンのワゴン。
この車はわたしのドリームカーNo.1です。
 モザイクの壁が目を惹くカフェ。
こんないいお天気の日はやっぱりご飯も外で食べたくなるってもんです。
基本こちらの人はお外でごはんを食べるのが大好きみたい。
 セレクトがおもしろかった雑貨屋さん。壁のイラストも我が道をゆくかんじが!!!
 ひとりで買い物にきているおしゃれな人が多かったノースレーン。
それはそうか、ブライトンは音楽と映画とアートの街でもあるんだから。
 カフェとお洋服屋さんが連なる通り。なんだか下北沢を思い出しました。
焼きたてのパンのいいにおいが広がっていてうっとり・・・。

 わかってるんです、もう秋だって。
でもこういう夏らしいグッズをみると、胸がおどってしまう!
カゴバックって小学生のときから大好きなアイテム。
ブライトンの建物はほんとにカラフルで思わず立ち止まってしまいます。
町中から元気があふれている・・・。
フローズンヨーグルトのお店も何件か発見。おいしかった!
いちごとパッションフルーツにハチミツをたっぷり。ひひ。
とっても冷たいからハチミツが凍ってパリパリに。

 おぉぉぉぉ不思議の国のアリス専門店。
壁いっぱいに広がるそのイラストがものすごく目立ちます。
中もワンダーラン度満点で、アリスファンでなくとも女の子にはたまらない作り。
 なんかよくわかんないけどクールじゃないですか!(なんだそれ)
ジョージ4世の為に建設されたロイヤルパビリオン。ブライトンが一気にインドなムードに。

そして!


ここが実は今日一番のお目当てだった Duke of York's cinemaです。
左屋根から伸びるセクシーな足がファンキーな、イギリスで一番ふるい映画館。
ふむふむ。1910年に映画館としてスタートし、その建物はまだまだ現役。
「100年もずっとここに立ち続けて映画を上映しているのか」と思ったら
映画館に向かい敬礼でもして尊敬の念を表したい気持ちでいっぱいに!

こんなに素敵な黄色の映画館、近くにあったならぜったい毎月通うのになぁ。
(ちなみに1960年代には水色の映画館だったみたいです)
現在はラース・フォン・トリアー監督の「メランコリア」が絶賛上映中でした。わたしも早く観たい!



この街はビーチだけでなくディープなカルチャーを体感できる場所としても有名。


それを証明するかのように
音楽ならfat boy slimのノーマン氏は大学からブライトンに移り住みDJ活動を始めたらしいし、
the kooksやthe go team、blood red shoesもブライトン出身バンドとして有名でありますし
映画なら昔観たモッズ映画「さらば青春の光」、ブスかわ女子がキュートな「ジョージアの日記」
最近リメイクされた「ブライトンロック」なんかも舞台はブライトン!(&イーストボーン)
毎年5月にはブライトンアートフェスティバルなる有名アートイベントも開催されているようです!!

パワーあふれる、キュートで面白い街なんだなぁ。


決して大きくはないけれど、わたしたちに絶えずインスピレーションを与えてくれる
カラフルでポップなブライトンには晴れの日がよく似合う。

珍しく太陽の下に長時間いたせいか、帰りの電車の中ではものすごい疲れに襲われ爆睡。
それでも充実感でいっぱい。
1日で海も街も満喫できて、とっても心地よいおさんぽ旅になりました。

★クリックミープリーズ★
↓↓
<span style=