Tuesday, 18 October 2011

Stuttgart

グーテンタークでーす!突然ですが、現在ドイツ南部に滞在しております。

日本にいたとき、わたしの中のドイツのイメージは
「ビール、哲学、ラムシュタイン、第二次世界大戦」というなんとも安易なものばかりで
得に行ってみたいと思ったことは無かったのですが
ロンドンに来てから「欧州の中でドイツの経済はとりわけ安定している」
「ドイツはエコ先進国」「ドイツのアウトバーンでは運転の速度制限がない(!)」
などの興味深い話を多く聞くようになり
「なんだかドイツって行ってみたらおもしろいかも」と思うようになったのでした。

来てみるとやはり驚く事がたくさん。

①信号の無い横断歩道で「渡りたいなぁ」と思ってると必ず・・・必ず車が止まってくれる。
②リサイクルの為ビールの空き瓶をスーパーに持ってゆくと、お買い物クーポン券をゲット出来る。
③ソーラーパネルの普及率が高い。
④ドイツのみなさん(ロンドンでは考えられないくらい)とっても優しい。
⑤週末になると若者たちは電車内にビール箱を持ち込み、目的地まで車内でビールパーティーする。
⑥ソーセージめっちゃ美味しい。
などなど。
いやぁ、ドイツのソーセージは本当に美味しいんですよ!


今回は
ポルシェやダイムラーの本社がありドイツを代表する工業地帯として知られ
日本ではサッカーの岡崎選手がプレーしている場所としても有名な
バーデン=ヴュルテンベルク州の州都シュツットガルトの様子をお届けします。

宮殿広場前。とにかく広い。鐘の鳴る音も聞こえたりして素敵です。

こちらキルヒ通り近くの広場。

かわいらしいお花屋さんを発見。

わたしの興奮が止まらなかった、室内マーケット。
美味しそうな高級チョコレートからお肉、チーズ、アジアの食材までもそろう場所。

整然と並べられたフルーツ。ドイツ人の細やかさを感じる・・・(え)
彩りも鮮やかです。

つやっつやに光るオリーブたち。全部味見してみたい。
オリーブだいすき。パクパクと食べられるのです。

ハロウィンが近いこともあって、八百屋さんはかぼちゃまつり。
あんなかぼちゃにこんなかぼちゃ、いろんなかぼちゃがゴーロゴロ。

じゅわっとジューシーそうないちごと、左はすぐりの実?違うかな。

もりもりといろんな種類の野菜や果物が売られている、
その様子を眺めるだけでも楽しくてたまりませんでした!

ドイツで一番売れているチョコ、リッタースポーツ。(日本でも最近よく見ますね)
なんでもシュツットガルト近くで作られているんだとか。これは買わない訳にはいかない!と、
ラム&ナッツ、ミント、オリンピア(ヨーグルト&ハチミツ&ナッツ&デキストロース入り)
の珍しい3種類を購入。

サッカーの練習をしていた若者たち。
「ドゥーユーノウオカザーキ?」と話しかけたい欲求をぐっと押さえて通過。

やってきたのはメルセデスベンツミュージアム。
学生は入場料半額、たったの4ユーロで入場可能!嬉しい。

こんな猫風スポーツカーがお出迎えしてくれます。

車の始まりから現代まで、時系列でフロア別に展示されてます。
メルセデスのカラーサンプル。チェックとかあるんですね。かわいい。

わたしのハートを撃ち抜いた、浪速のトラック野郎もびっくりの派手なバス。

後ろ姿までご機嫌。・・・このおじさま誰。

昔の車ってなんでこう可愛いんでしょうか・・・!

ミュージアム自体の建築&ディテールも注目度高です。さりげなくかっこいい。

ロンドン・ハムステッドヒースからヴィクトリア駅行きのレトロバスを発見。いぇい!!

羽の生えたスポーツカー。かっちょいいぜ。
わたしは車とか全然詳しくないんですが、本当にメルセデスミュージアムは楽しかったです。

住宅街に佇むお家はみんな色合いが素敵。


カラフルボンボンランプ。

公園でなんともピースフルな落書きを発見。

晩ご飯はドイツ料理のレストランで。ポークソテーとキノコのクリームソース。
ナメタケみたいなきのこ入りのソースをたっぷりからめて食べたブタ肉はものすごく柔らかくて、
口に入れた瞬間ほろほろとほどけてゆきました。美味!
ビールと相性ばっちりのこのメニューのお陰で、わたしのビール消費量はこの日もすごかった・・・。

とにもかくにもドイツ料理はスーパーボリューミー。
全て食べ終わるころには自分の胃がいつもよりずっしりと思いことに気づきました。
が!「せっかくだし、ここはシメにドイツらしいデザートを頂きたいわよね!
美味しいものをたくさん食べて胃袋が破裂してもそりゃもう本望よね!」

と謎のポジティブさと強引さでパンケーキをオーダー・・・。

こちらがレーズンたっぷりのパンケーキ+ナッツ入りアイスクリーム添え。
香ばしくて甘すぎず素朴な味。あんなにお腹いっぱいって思ってたのに、パクパク食べれるよ!
デザートは別腹とは、よく言ったものです。
「しばらく動けないわー」と、至福の満腹感をしばしエンジョイ。


人は優しく、街は気持ちよく、車はかっこよく、食べ物はおいしい・・・。
なんて素敵な街。
ドイツってこんなにいい国だったんですね!!

これからもうちょっと小さな街もまわる予定です。


★クリックミープリーズ★
↓↓
<span style=