Tuesday, 25 October 2011

Karlsruhe

週末の朝。
ドイツの南に位置するバーデン=ビュルテンベルク州(←すごくかっこいい響き!)で
シュツットガルトとマンハイムの次に大きな街と言われるカールスルーエをぶらりお散歩。

2002年日韓ワールドカップでのスーパーセーブぶりが話題となった
サッカーの元ドイツ代表オリバー・カーン氏もこの街の出身だそうです。

ピンクの建物にピンクのお花・・・。ガーリーすぎる。
この建物からエル・ファニングちゃんが出て来たらたまらないわ!

マルクト広場を歩いていたら
ロンドンコロンビアロードフラワーマーケットのデジャヴかと思う光景に遭遇。
お花だらけじゃ〜!!ドイツの週末も、花市から始まるらしい。

秋らしく、キク科のお花がどっさり。
この季節には、田舎のおばあちゃんがいつも黄色い菊の花のおひたしをつくってくれたなぁ。
というノスタルジックな思い出のため
黄色い菊の花を見ると全て食用に見えてしまう・・・。

生花をそのまま切り売りしていたロンドンのフラワーマーケットと違い、
こちらには既に美しくアレンジされたブーケがたくさん並んでます。
デートの待ち合わせの前にひょいっと買って、すぐに女の子を喜ばすことができるのでありますよ。

オーロラみたいに輝くツルツルのセロハンに巻かれたこちらのお店のブーケ、ひときわ綺麗でした。
こんなにブーケが並んでるの初めて見た!

見た瞬間とりとめのない親近感に襲われたので、何故だろうと考えてみたら
門松に似てるんだった。

門松・ひらべったいバージョン。
(・・・もはや門松じゃない・・・)

レモン色の教会。時計塔の屋根の色との相性が最高です。

3つで99セントという衝撃の安さで売られていたドイツ名物プレッツェルを食べながら街をぶらぶら。
このかたち、やっぱりかわいい!
香ばしくって、もちっとしていて、塩気が効いてておいしい。あっという間に1人で3つ完食。

こちらもレモン色がまぶしいカールスルーエ城。現在は州立博物館となっています。
この街の創設者、辺境伯カール・ヴィルヘルムがフランスはヴェルサイユ宮殿を手本に建てたものだとか。
そう言われれば確かに所々見られた金の装飾が何となくヴェルサイユっぽい・・・かも。

カール・フレデリック氏でございます。

お城の裏側にはボタニカルガーデン。広くて気持ちがよい!

コスモスも終わりかけで、なんとも秋のおわりを感じます。
ちょっとだけさみしい。

多くの植物が冬支度とばかりに葉を落としてゆく中、唯一綺麗に堂々と咲いていたのがこの花。
なんていう名前でしょうか。

落ち葉のじゅうたん!
寝転がりたい衝動に駆られたものの、近くで粗相する犬を発見し、考えを改めました。

休日の、すてきな家族。
かわいい犬は平和な家庭の象徴。

いろんな人の名前がかかれたボードがすらりと並ぶ「アートロード」。
どんな人が名前を残したのかしら。

街の建物も一軒一軒こだわりが感じられます。
イケてる建造物大好きなわたしは、歩いているだけで興奮度上昇。
色使いもすばらし!

日も傾いてきたのでトラムに乗って駅前まで行き、そこから帰宅。

ふむ。

カールスルーエ。
たっぷりの太陽の光がきもちよく、自然がとっても豊かな場所。
全く気取ったところがなく、そこに住む人たちの生活の音がしっかりと聞こえてくるような
そんな街でした。



★クリックミープリーズ★
↓↓
<span style=