Sunday, 22 January 2012

salon de cafe Ange

とめどなく降った雪が積もりに積もって真っ白な弘前の街へと繰り出した日曜日。
旧東奥義塾外人宣教師館までやってきました。

いくつかのかわいい洋館がある・・・
それだけでわたしはこの、とてつもなく退屈な小さな街のことを好きになれます。

明治36年に立てられたこの洋館。
東奥義塾高校の英語教師として招かれた外国人の方々が宿舎として使っていた場所。 
今はサロン・ド・カフェアンジュという喫茶店になっております。

東京生まれ東京育ちの友達が
「東京タワー行ったことないんだよね。当たり前にありすぎるから行く機会がなくて」
と言っていたのと多分きっとおなじように
18歳まで弘前で育ったわたしにとってこの宣教師館は特別めずらしいものでもなく
「図書館の隣にある古い建物」位の存在で中に入ったこともなかったのですが
大学生になりクラシカルな物の魅力に目覚めてからというもの
宣教師館はわたしの中の気になる存在ランキングに急浮上。
せっかく帰ってきたんだからと、今日はここでお昼ご飯を食べることにしたのです。

中はこんなかんじ。「日曜日なのに人がいない!」と思ったあなた様!!
お客さんはきちんと数組おりました。(地元愛・必死のフォロー)

たっぷり柔らかい光が差し込む窓。
初めて来たのに、懐かしい場所に帰ってきたような錯覚に陥ります。くつろぎ度満点。

わたしたちのお目当ては人気の高いフレンチ風(・・・?)のランチ御膳だったのですが
ここで衝撃の事実。

「冬期は事前にご予約を頂かないとランチ御膳お出しできないんですよ」

しらなかったよ・・・。東北の冬おそるべし。


というわけでカレーセットを注文しました。
「津軽りんごたっぷりカレー・サラダ・津軽りんごの冷製スープ・津軽りんごのシャーベット・紅茶」

そうです、どこまでも津軽りんご祭りであります。


食べた瞬間りんごのまろやかさが口の中に広がるカレー・・・!

とろっとろにあまくておいしい。

「カレーは辛くてなんぼ。辛くないカレーなんてカレーじゃないわい!」
と大口たたいて今まで生きてきたわたしの目からうろこが落ちた瞬間でした。
(おおげさ)

津軽のりんごバワーに乾杯。

ごちそうさまでした。


★クリックミープリーズ★
↓↓