Sunday, 26 February 2012

MY WAY EXHIBITION

原美術館で開催中の
ジャン=ミシェル・オトニエル「マイウェイ展」に行ってきました。

今回初めてジャン=ミシェル・オトニエルというサンティエンヌ出身のアーティストを知ったわたし。
なんでもパリのメトロ100周年を記念してパレロワイヤル駅のエントランスに設置された、
カラフルな球体の連なる、あの夢あふれる芸術的なゲート『夢遊病者のキオスク』を作った方だそうです。
それならパリに行ったときに見たわ!と、一気に親近感が沸きました。

twitterでフォローさせて頂いている方から「オトニエル氏の意向により館内の写真撮影可」という
なんとも素敵な情報を事前にいただいたので(ありがとうございます!)、カメラを持参。
写真の撮れる展覧会というのは日本ではまだまだ珍しく
オブジェを前にシャッターを切るだけでも嬉しくなってしまいます。
たとえ館内の照明が暗めな為綺麗な写真が撮れなかったとしても!!

色鮮やかなイタリアのムラーノガラスを素材にした作品の数々が並ぶ会場。
一歩足を踏み入れればそこは迷宮のワンダーランド。

『涙( Lagrimas) 』
透明できらきらしたガラスボトルたち。見る角度によって表情がかわります。
きっとこの中にはたくさんの人の涙と思いが詰まってるのだ、と想像。わたしの涙も閉じ込めさせてほしいな。

『わたしのベッド( Mon Lit) 』
ふかふかのピンクの布団には、目玉の様なモチーフが散りばめられています。
オトニエル氏はこのベッドの上でどんな夢をみるのでしょう。

 ベッドの支柱に取り付けられた色とりどりのムラーノガラスが光を反射してとっても綺麗でした。

 『ラカンの大きな結び目 ( La Grand Double Noeud de Lacan)』
ラカンとはフランスの精神分析医ジャック・ラカンのことで、
この作品は、芸術家が作品を想像することはどういうことか、を表現しているらしい。
作品に込められた意図を理解するにはたくさんの勉強が必要であります・・・。

『吊り下がる恋人たち( Les Amants Suspendus) 』
ガラスが何層にもなっていて、触ったらパチンと弾けてしまいそうな繊細さ。

夢見がちで、センシュアルで、グロテスクで、柔らかくて、寂しくて、ちょっぴり恐い。
ガラスによって作りだされるその摩訶不思議なオトニエルの世界観にどきどきさせられて
すっかり夢中になってしまった日曜日の午後でした。



★クリックミープリーズ★
↓↓