Wednesday, 30 May 2012

RUSSIAN ARK

銀座のメゾンエルメス10階で、うっとり夢見心地な気分になる映画を鑑賞しました。

ロシアの巨匠ソクーロフ監督による12年前の作品『エルミタージュ幻想』です。
(とてもいい邦題ではありませぬか!)


その題名のとおり、映画の舞台はサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。
そこへやって来た仏人外交官キュスティーヌ伯爵(をモデルとする男性)とソクーロフ自身のナレーションで
物語はすすんでゆきます。

美術館内の名画を鑑賞し、それぞれの芸術論を語っているうちに
いつしか夢とも現実とも区別の付かない
不思議な不思議な時間旅行をすることになったキュスティーヌ伯爵とソクーロフ監督。
2人は300年の時を遡りながら、女帝エカテリーナ2世、ペルシャ使節団とニコライ1世、
ロシア革命を招き処刑されたニコライ2世とその家族たちに遭遇してゆくーーー。


おどろくことにこの『エルミタージュ幻想』は
映画史上初・90分ワンカットの手法で描かれた作品なのだそう。

867人の俳優、何百人ものエキストラ、3つのオーケストラ、22人の助監督、そして1台のカメラ。
編集一切無し。たった1日の本番。90分間続く本番。しかもあの、ひろーいエルミタージュ美術館で。

どひゃー!!

雪が積もったサンクトペテルブルク、宮殿の広間から広間へ、そして中庭へ。
くるくると変わるその場面は、一度たりとも途切れない。

その高度な撮影方法のおかげで、映画を観ているわたしたちも
キュスティーヌ伯爵と一緒に豪華絢爛なエルミタージュの時間旅行をしているような気分になれるのです。

贅沢!

ちょっぴり不気味な場所から豪華絢爛な広間まで様々な場所を通り抜けて
わたしたちが最後に到着するのは
舞踏会が開かれているニコライ1世の大広間。
指揮はワレリー・ゲルギエフ、演奏はマリーンスキー歌劇場管弦楽団という
この上なく豪華なマズルカにのせて真っ白なドレスの女性達と軍服の男性達が楽しそうにダンスを踊る。
そしてその後、帰途につく何千という人たちが宮殿内の階段を降りてゆく・・・。

この最後30分間のシークエンスにはただただ圧倒されて、鳥肌がたってしまいましたよ。

「周りは海だ。わたしたちは永遠に泳ぎ、永遠に生きるのです。」

そんな言葉であっという間の時間旅行は幕を閉じ、エンドロールが終わっても
わたしはなかなか現実世界に帰って来れずに、ひとりしばらくぼーっと考えていました。

「これは・・・これは夢・・・?」

(いいえ映画です)

くるくると模様のかわってゆく美しい万華鏡を覗き込んでいるような90分間。

ものすごく不思議で、ストライクゾーンど真ん中の作品でした。
DVD買おうかな。



★クリックミープリーズ★
↓↓
<span style=