Wednesday, 27 June 2012

La frontiere de l'aube

イメージフォーラムにて、孤高の映画監督フィリップ・ガレルの『愛の残像』を観てきました。


ある日のパリ。
若き写真家フランソワと女優キャロルはスチール撮影がきっかけで出会い、すぐさま恋に落ちます。
しかしキャロルの夫がハリウッドから帰ってきたことがきっかけで
フランソワは彼女から距離を置くようになりました。
フランソワを愛するあまり情緒不安定になってゆくキャロルはついに精神病院に入院、
自らの命を断ってしまいます。

それから1年後、フランソワは新しい恋人と幸せな毎日を送っていましたが
ある日突然亡くなったキャロルの姿が見えるようになって・・・。

フランソワ役は監督の息子ルイ・ガレル。
くるくるのモップ頭に四角い顔、大きな鼻。歩くギリシャ彫刻のような彼には
自分勝手で傷つきやすくて繊細な、神経質そうな役がよく似合います。
ついでに言うと素肌に白シャツもよく似合います。
「永遠のその先まで一緒にいるよ」
愛の台詞を囁く彼の声は最高に甘い。

一方、キャロルに扮するローラ・スメットは、歌手の父と女優の母の間に生まれ
人の前にでることを運命づけられていた人。
「女という生き物」としての存在感がスクリーンから溢れていた彼女は
きっと正当派の美人女優ではありません。
それでもじっとフランソワを見つめる彼女の顔がアップになったときには
やっぱり彼女は美しいのだ、と言わずにはいられないのです。


ルプシャンスキーによる、余計なものが一切省かれたモノクロームの映像にのせて綴られるのは
あまりにも詩的な愛の台詞の数々。
綺麗な言葉。ほんとうにうっとりしてしまう。
実生活で恋人にそういうことを言われたいとか、そういう願望は全然ないけれど。


愛に囚われ愛に生き、愛に破滅する恋人の様子だけが濃密に映し出された1時間48分。

あぁどこまでも古典的で正当派なフランス映画。
絶望の深淵をまざまざと見せつけられてもなお、そのロマンティシズムに身を沈めていたいと思う。


久しぶりに「映画を観てる」のではなくて「映画の世界に入ってしまう」ような経験をしました。

来月続けて公開されるガレル監督の『灼熱の肌』も絶対観にゆこう。