Monday, 16 July 2012

L'année Dernière à Marienbad

いけない薬を飲んでふわふわとした白昼夢を見ているような気分になりました。

1961年公開、アラン・レネ監督の『去年マリエンバートで』。

公開当時、難解な構成故に賛否両論飛び交ったという伝説の作品を
先日メゾンエルメスのル・ステュディオにて、初めて鑑賞してきたのです。




バロック風の装飾が所狭しと施されたとある城館。

ひとりの男が、氷のような美貌の女に何度も問いかけます。
「私を覚えていますか?」
男はさらに付け加えます。
「わたしたちは去年ここで出会い、愛し合い、一緒になろうと誓いました。
その約束どおり、あなたをここから連れ出すため、わたしはここへとやって来たのですよ。」

しかし女は答えるのです。
「そんな約束はした覚えがないわ。第一、わたしはあなたの顔すら知らないもの。」

全く取り合わない女に、男は食い下がります。
何度も何度も言って聞かせるのです。去年の自分たちの様子を。去年の自分たちの会話を。

現在の気だるい社交界の様子、
男が語って聞かせる過去の記憶、女が思い出しつつある(或いはつくり出された)記憶、
そしておそらく全てを知っている、女の夫の記憶。
これら全てが時間軸もバラバラに、ランダムに映し出されてゆく。

男と女は本当に一年前に出会っていたのでしょうか。
それはマリエンバートでのことだったのでしょうか。

夢か幻か、はたまた現実か。
本当のことはきっと誰にもわからない。

執拗に繰り返される男の独白、不気味に響くパイプオルガンの音、
とびきり豪華なのにどこか寂しげな背景、シャネルによるきらびやかなドレス、
ワンカットの中で何故か変容する部屋の装飾、
感情なく人形めいた人々、彷徨う幽霊のように浮遊するカメラワーク・・・

ラブストーリーというより、ミステリーというより
これは極上に美しいホラー映画でした。

さぁマリエンバートの迷宮へようこそ。