Sunday, 28 October 2012

La Guerre est Declaree

『わたしたちの宣戦布告』
久々に、とてもよいタイトルだと思いました。


パーティーの開かれている夜のパリで出会い
偶然か必然かすぐさま恋に落ちた男女の名前はロメオとジュリエット。
やがて2人は息子のアダムを授かります。

かわいい我が子と幸せいっぱいの生活が待ち構えているかと思った矢先
シェイクスピアの悲劇の主人公と同じ名前を持つ彼らにこれまた偶然か必然か
考えもしなかった試練が突きつけられたのでした。

「アダムくんはラブドイド腫瘍という病におかされています。
治癒する確立は10パーセントしかありません。」

医師からこの絶望的な宣告を告げられたとき
彼らは決意するのです、息子と共に絶対に病に打ち勝つのだと。

さぁここから家族の戦いがはじまるーーー。


なんとまぁ大きな愛とパワーみなぎる映画だったことか!
わたしの持つ「難病もの映画」の感傷的なイメージ(多くの場合この手の話はとても苦手)を
大きく気持ち良く裏切ってくれる作品でした。
ロメオとジュリエットは、踊り、歌い、愛し合い、お酒を飲み、タバコを吸って、ジョークを言って
泣きながら笑いながらそれぞれの友人・家族を巻き込み戦うのです。最後に勝つために。
その様子は痛快そのもので、一ミリの暗さも感じさせません。

クラシック、ロック、エレクトロ・・・ジャンルを超えてピックアップされたセンス良い音楽の数々と
それにあわせて「走る」シーンの多用がとても印象的でした。

恋に落ちたとき、夜のパリを走る。
アダムを抱え電車に乗るために、走る。
検査結果を待つ間、病院の中をものすごい勢いで走る。
お揃いのウエアを着て、ジョギングをする。

特にジュリエットが不安を払拭しようと病院の廊下をひとり激走する場面が素晴らしくて
カラックス監督の『汚れた血』でドニ・ラヴァンが夜のパリを延々走る名シーンと同じ位
わたしの心にエモーショナルに訴えかけてくるものがありました。
・・・その結果涙腺崩壊。うぅぅ。

走る走る走る。

この映画の特徴は、常に忙しなく動いている感じにある、と言ってもよいかもしれません。

突然歌いだしてミュージカル調かと思えばとたんにサスペンスチックに、
かと思えばコメディタッチだったり、ファンタジー風になったり
ぼけっとしてたら付いて行けなくなっちゃう位くるくる変わる場面のみせ方は非常にポップで、
「断固としてお涙頂戴のしんみり映画にはしない!」という監督とスタッフの気概が伝わってきます。

というのも、この映画は主演のヴァレリー・ドンゼッリとジェレミー・エルカイム(久々にヒットのいけめん)、
元恋人同士である彼らに起こった出来事を基に書かれている作品なのです。
ラブドイド腫瘍を見事に克服した2人の息子、ガブリエル・エルカイムくんは
映画の最後、成長したアダム役として映画にも登場しているのでした。
実際彼らに起こったことだったからこそ、それをアレンジして
既存の概念をぶち壊した、思い切り新しいかたちの映画が作れたのですねぇ。

監督と主演を務めたヴァレリー、共同脚本と主演を務めたジェレミー。
プライベートでの恋人関係はすでに解消しているも、
「映画をつくる」ということにおいてはお互いがお互いを尊敬してやまないようで
次回作でも共演するらしい。
恋人関係を経て現在は同志のような関係の2人からは、この映画のようにでっかい愛を感じましたよ。

現代のロメオとジュリエットは決して悲劇のヒロインたちじゃなかったってこと!

底知れぬ生命力にあふれた映画です。