Saturday, 29 December 2012

DIANA VREELAND The Eye has to Travel

久しぶりにシネマライズで映画を観ました。
激動の・・・変化の20世紀において、50年もの間華やかなファッション業界の中心的人物であり続けた
伝説の女ダイアナ・ヴリーランドのドキュメンタリー映画。

ファッション業界のことを全然知らないわたしでも
「アナ・ウィンター以前のVOGUEの鬼編集長」として彼女の名前くらいは聞いたことがあって、
その時はただそれだけだったのだけど
今年発売された本『女子とニューヨーク』の中でヴリーランドの名前を再び目にしたとき
なんだか無性に興味を掻き立てられてしまい、彼女のことをもっと知りたいと思いました。

だから素晴らしいタイミングで公開されたこの映画を見逃す訳にはいかなかったのです。

結論。
お洋服に興味があってもなくっても
これは地球に生きる全てのワーキングウーマンの為の作品だと!


映画がはじまって早々目にとびこんできた、ダイアナの真っ赤な部屋。
大きなソファーにそれと同じ生地を張り巡らせた壁、数々の装飾品と花で飾られたそのリビングを
彼女は「地獄の庭」と呼んだという・・・。
もうこのシーンだけで「地獄の庭ってなに!すてきすぎるんですけど!」と心を鷲掴みにされましたよ。

『パリの恋人』と『ポリーマグーお前は誰だ』(←大好きな映画!)、
シャネルや「王冠をかけた恋」で有名なウォリスとエドワード、ツィギーにセジウィック、
ジャッキー・ケネディ、ミック・ジャガー。
これらのわたしの好きなもの、わたしの興味の対象が全部ダイアナと繋がっている。
インタビューの合間に流れる映画のワンシーンやセレブリティのワンショットに心が踊り
「あれもこれも全部繋がっていたんだ!」と
ミステリー小説を読み終えたときの爽快感、
あるいは難しい数学の問題を解き終えた後ひとりで感じる感動(え)
のような気分を味わいました。

今までにない流行を創造し、人々を驚かせる。
ハーパース・バザーで敏腕編集者の名前を欲しいままにし、その後VOGUEの編集長に登りつめた彼女は
「女性が働きに出るのは家が貧しいからだ」という当時の世の中の考えを変えた人でもあります。
女性が働くのは自分という存在のため。女性が働くのは最高にかっこいいこと!と。
華やかな彼女の経歴の裏には決して揺らぐことのない信念がありました。
そんな彼女の名言の数々(言葉の選び方が絶妙なの!)も、この映画の見所です。

一番印象に残っているのはこんな言葉。

"You gotta have style. It helps you get down the stairs. It helps you get up in the morning.
It's a way of life. Without it, you're nobody. I'm not talking about lots of clothes."

スタイルこそが全て。

両腕にはじゃらじゃらとブレスレットをつけ、真っ赤なネイルでタバコをふかしながら
しゃがれた大きな声でインタビュアーの質問にこたえる彼女の姿は誰にも真似できないものだった。

朝起きたときから夜寝るまで、服だけじゃなく、生活、生き方・・・
どんなときも「自分らしい」スタイルを。
細かいところにこそ手をかける。

来年のモットーにしようと思います。

『ダイアナ・ヴリーランド』はインスピレーションの泉のような作品。
この作品を観たあとはいつもの渋谷の街も少しきらきらして見えました。
わたしももっと頑張ろう、自分らしい人生を勝ち取るのだ!って。


「ものすごく面白かった」「感動した」という映画は多々あれど、
自分の人生感が変わっちゃうくらいに心を動かされる映画ってそんなにないと思うんです。

本当に今年この映画に出会えてよかった。合掌。