Sunday, 31 March 2013

PARTNER

『分身』"PARTNER"
1968年ドストエフスキーの小説を大胆に脚色し製作されたベルナルド・ベルトルッチ初のオールカラー作品。
同監督の新作『孤独な天使たち』が上映される前に絶対観ておきたかったのです。
DVD化すらされていない貴重な映画を
いつもベストなタイミングで上映してくれる東京の映画館の素晴らしさよ・・・。


大学で演劇クラスの教鞭をとるジャコブはある日友人を銃殺。
その後何事もなかったかの様に思いを寄せるクララの誕生日パーティーへ参加するも
あまりにおかしな行動が続いたため屋敷からつまみだされてしまいます。
「お前は誰だ!」「何故付いてくる!」帰り際ひとり叫びわめくジャコブ。
すると街灯に照らされていた彼の「影」は巨大化、ついにはひとりでに動き始め
彼の前に自分そっくりの分身が現れたのでした。
その日から奇妙な2人の共同生活がはじまって・・・。


一番のお気に入りシーンはジャコブが唐突に何故かラ・マルセイエーズを歌い始めるところ!
なんとまぁどこまでもフランスはヌーベルバーグのにおいがぷんぷんする挑戦的なイタリア映画だったことか。
60年代という時代とゴダールが彼をそうさせたのでしょうか。

唐突すぎる殺人、わたしのような者には到底理解できない演劇&映画論、
本物と影の入れ違い、執拗に繰り返される同じ台詞。
くるくると変わるつながりのない展開。
「やられた!なにこれ!」
 ストーリーに関してはスクリーンの前で完全に置き去りにされてしまったわたしでしたが
カラフルで奇想天外とびきり魅力的なカットの数々はとても新鮮で、純粋に観るのが楽しかったです。


"Don't think. FEEL."

ブルース・リーのこの言葉がぴったりの映画だと思いました。ふふ。