Tuesday, 18 June 2013

Air France Magazine, 10 Films 10 Villes


Air Franceの機内誌が素晴らしかったから、地上数千フィートで震えた。

素敵なお姉さまから教えてもらったAir France Musicのpodcastは
自分一人じゃ決して発掘できないような素敵な音楽がたくさん詰まっており
気に入って何度も聴いていたのですが
podcastだけじゃなく紙媒体でもAir Franceはわたしのストライクゾーンど真ん中でした。

メインで大々的に組まれていた
セレブリティのポートレイトを撮り続けるフォトグラファーたち・・・
例えばMartin SchoellerやMary Ellen Markの特集もさることながら
わたしが一番にはっとしたのはこの記事です。


10 films, 10 villes
Air Franceの選ぶ10の映画、10の都市。

Lost in Translation --- Tokyo
Goodfellas --- NY
In the Mood of Love --- Hong Kong
Slim Dog and Millionaire --- Mumbai
Quintet --- Montreal
Breathless --- Paris
Skyfall --- London
Wings of Desire --- Berlin
The Lovers of Lisbon --- Lisbon
Rue Princesse --- Abidjan 


はじめに登場したのは、ロスト・イン・トランスレーションと我らがトーキョー。
パークハイアットから青山、目黒の洗練された町並みと
渋谷の交差点のカオティックな様子が言及されていました。
ソフィア・コッポラの撮った東京は現実と夢の狭間のようで。
日本人ならこの記事を目にして嬉しくなるんじゃないかしら。

シネフィルでも何でもないわたしは
NY、モントリオール、リスボンとアビジャンのそれを観たことがありません。
それでも
香港を舞台にした『花様年華』のどきどきしちゃうくらい艶かしい食事シーンや
『スリムドッグミリオネア』のほこりっぽく人で溢れたインドの様子、
『勝手にしやがれ』に登場する古き良きパリの破天荒さ、
ロンドン無しには語れない『007』の歴史、
どことなく殺風景で物悲しい街の雰囲気が印象的な『ベルリン天使の詩』
そういうのを思い出したら
わたしもこのままずっと旅を続けていたいと、心から思いました。