Tuesday, 9 July 2013

My Belated Birthday Week

わたしはわたしの生まれた日を祝福した。

(それはもう1ヶ月以上も前のことであーる!)

歳をとるのがもう嬉しくない年齢になりつつあるよねって周囲はいうけれど
わたしはいつだって自分の誕生日にわくわくしているし
これからもずっとそうなんだと思うのです。

百貨店で買った今年の自分へのプレゼント。
たった3センチだけのヒールがちょこんと付いている2足目のレペットちゃん。
グレージュな色が春らしいと思って。

8−9年ぶりに実家で誕生日を迎えました。
東京のつつじはとうに散ってしまっていたけれど、
手入れの全く行き届いていない我が家の庭のつつじは
昔と少しもかわらずわたしの誕生日に綺麗に満開を迎えていたから
やっぱりつつじはわたしの花だってことにする。

東京に戻ってきたら、銀座シャネルで催されたコンサートへ。
世界中の有能な若手クラシック音楽家による小さな音楽会。
ドヴォルザークのピアノ四重奏第2番には、涙がでそうになりました。


そんな風にこんな風に楽しかった誕生日の1週間を終えたら
わたしの毎日が一気に加速して動き出した。

いつもこっそり参考にしている石井ゆかりさんの星占いに
6月は「節目」の月です。
2012年の初夏から続いてきたいわゆる「耕耘期」を終え、
新しい自分への変容をやりきってこれからの12年に飛び立ってゆくような
タイミングです。
って書いていたのだけれどまさにその通りすぎてびっくりしている。

びゅんびゅんとものすごいスピードですぎて行く毎日。
この調子で、充実した28年目の人生を送れますように・・・☆ミ