Sunday, 29 December 2013

Ayutthaya Kingdom

バンコクから北へ約80km。ミニバンに揺られて約1時間。
1991年に世界遺産に登録されたタイの古都アユタヤへやって参りました。

1351年ウートン王によって建都されてから
1767年にビルマ軍の攻撃によって破壊されるまでの417年間
アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。

雲ひとつない空とはまさにこのこと!
バンコクの街と違って空気もクリアでとっても気持ちがよかったです。
自然はいつだって偉大ですな。

仏塔が少しづつ見えてきて、ここは王宮遺跡の入り口です。
気分はすっかり世界不思議発見のミステリーハンター。(おい)

ワット・ローカヤースッターの野原に横たわる寝釈迦仏。
こちらは1956年にタイの芸術局によって再建されたものなんですって。

仏像さんのすぐ後ろに広がる広場。
かつては仏教施設があったといわれているそうですが
今ではビルマ軍の破壊の跡が残るのみ。

にわとりがおおきな声で鳴いている。
なんてのどかな朝。

ぐぐーんと反って生えているヤシの木。
美しい・・・!

王宮隣にあるエレファントキャンプ。
もぐもぐとお食事中のゾウさんたち。

ご飯タイムを終えてご機嫌なスイカちゃん(♀)と一緒に記念撮影。
旅のハイライト、人生で初めてのエレファントライドを体験。

スイカちゃんの背中は思いのほか抜群の安定感。
そしてその大きさからは想像できないほど俊敏な動きをするのです。
今回でゾウさんはわたしの好きな動物トップ3に緊急ランクイン!

エレファントライドで行き交うゾウさんその①

エレファントライドで行き交うゾウさんその②
ゾウさんたちってばみんな個性豊かでとってもかわいいでしょう。

たくさんのお供え物がされた神様の木。
2本の木がつながっている不思議。

ワット・マハータートの一角。
ここは大きな仏閣があった跡だそうです。

ビルマ軍によって首・上半身を跳ね上げられた仏像たちがずらっと並びます。

木の根っこに取り込まれた仏像の頭部。
偶然の産物にも関わらずお顔の部分は一切木の根に触れていないんだからすごい・・・。
これを見て、神様っているんだと思った。

ワット・プラ・シー・サンペットと呼ばれる、アユタヤ王朝で最も格式の高い寺院。
元々は全て黄金で装飾されていたのですって。

高さ44メートルの仏像があったとされる広場。
壊されてしまったものの中に潜む美しさに、世界遺産を実感しました。

アユタヤに生えている木はどれをとってもすごく神々しくって
街が木に守られてるんだっていう感じがしました。

夜になると一帯がライトアップされるアユタヤ遺跡。
きっとわたしが今までに見たどんなライトアップよりも神秘的なんだろうな。


わたしたちと一緒に遺跡をまわってくれたタイ人のガイドさんの
「アユタヤが滅ぼされてすごく悲しかった。
でもその後タイの人たちみんなすごくがんばった。
アユタヤをもう一度栄えた街にしたかったからすごくがんばった。」
っていう何気ない言葉がずーんと心に響きました。
うんうん、悲しみを悲しみで終わらせてはいけないのよね。

最盛期には「ロンドンのように見事」と称されたかつての国際都市アユタヤ。
栄華と侵略の歴史がそこには詰まっていました。
厳かな気持ちにならずにはいられない場所です。