Saturday, 19 September 2015

Selamat Kuala Lumpur

マレー語で、散歩することを「ジャラン・ジャラン」と言うのだそうです。

南の島を後に降りたった、二日間だけのクアラルンプール。

ランテンガ島の眩しい太陽はどこへやら、マレーシアの首都の空は白みがかっていて
あちらこちらとジャラン・ジャランするのには丁度よい気温でした。

KLセントラル駅からブキッ・ビンタンにあるホテルまで乗せてもらったタクシーのおじちゃんが
「この街ではイスラム教キリスト教、仏教、ヒンドゥー教、何教を崇拝していてもいい。
あなたがどの国出身でもいいんだ。ピースフルだろう。ウェルカム・トゥー・クアラルンプール」
と話してくれて、なんだかそれがもう、この街の全てなんだと思った。

街の真ん中に、西洋のかおり漂う建築物を見つけることができました。
英国統治時代の名残でしょうか。
マレー語、中国語、英語の飛び交う、活気ある街。

イギリス人建築家が建てた、クアラルンプール最古のモスク、マスジット・ジャメ。
丁度お祈りの時間で中に入ることはできなかったのだけれど、外から眺めるだけでもうっとり。

こちらも、マスジット・ジャメと同じイギリス人建築家によるマレーシア鉄道の本部ビル。
お揃いのタマネギ頭に重厚なボディ...たまりません。
(歴史的建造物大好き!)

来てよかったと心の底から思った、イスラム美術館。
千夜一夜物語の世界を彷彿とさせる、豪華絢爛な展示物の数々。
わたしの一番のお気に入りは、カラフルな宝石が施された短剣です。

イスラム美術館は天井がモスク仕様でした。その美しいこと!
併設されたアートショップにはおしゃれなグッズが多数取り揃えられていて
この場所ってば、どこまでもわたしの好みだった。

興奮冷めやらぬまま、イスラム美術館のモザイクタイルをぱちり。
細やかで素晴らしいなー。

インド系の方々が信仰するヒンドゥー教のスリ・マハ・マリアマン寺院。
目に次々と飛び込んでくる極彩色の装飾にただただ圧倒されてしまいました。
裸足で参拝します。

こちらは中国系の方々が参拝に訪れる仏教寺院の関帝廟。
三国志で知られる武将、関羽がまつられています。
お香の匂いが立ちこめる、荘厳な雰囲気の場所でした。

お土産探しにもってこいの、セントラルマーケット。
なんて愛らしい淡いブルーのエントランス。

マーケットの中は、カラフルでごちゃごちゃとしていて、とにかく楽しい!
マレーシア産のお土産は、殆どここで見つかります。

イスラミックアートチックな、かわいいタイルを発見。
ずーっとイスラム教の国に行ってみたいと思っていた理由のひとつは
こんな風にこだわりのデザインが建物のいたるところに隠されているからです。

それはそれは広ーい、国立モスク。
礼拝の時間になると「アザーン」と呼ばれる、礼拝を促す呼びかけが大音量で流れます。
男性の重厚な声が妙に心地よく
今回生まれて初めて聞いたのに、懐かしい気持ちになった。

今回宿泊したWOLOというホテルのオリジナルアメニティが面白かったのでぱちり。
せっけんを”shower gel's ancestor."とディスクライブするなんて、かわいいではありませんか。
このホテルはお値段がお手頃でお部屋がスタイリッシュで、終始クラブミュージックが流れていて
わいわいと滞在したい子たちにおすすめです。

大好きになった食べ物、骨肉茶(バクテー)!!!
漢方入りのスープで豚肉やホルモンをとろっとろになるまで煮込んだ食べ物です。
お肉のやわらかさと漢方の香りがくせになり、2日続けて食べました。
あぁまたすぐにでも食べたいよう・・・。

クアラルンプールから電車で20分の、プトラジャヤという街にあるピンク色のプトラモスク。
テーマパークさながら、ぴかぴか綺麗に作り込まれ過ぎているその姿と
ひっきりなしに到着する観光バスの様子に、ちょっぴり面食らってしまった。
荘厳な場所かと思ったら、建設間もないばりばりの観光名所だったんだね。

それでも、バラ色の花崗岩を使って建設されたプトラモスクの中へひとたび入れば、
その乙女度満点の繊細な装飾にたちまち目が釘付けに。
窓のステンドグラスにブルーが使われているのが良いアクセント。

千人以上を収容できる、広い広い一階部分。
なんだか突然ショートケーキを思い出しました。

こちらはプトラモスクのすぐ隣にある、タマネギ頭の首相府。
プトラジャヤはマレーシアの首都機能を担っている場所でもあるのです。
行政新都市として今なお開発され続け、日々新しく進化する街。

バンサービレッジ内にあるモロッコ式ハマムスパ、その名もHammam。ここ、本当に最高でした。
様々あるメニューの中から"My Favourite Concubine Hammam"(きゃ)をチョイス。
ハマムで身体を暖める→モロッコ出身のマダムによるモロッコ式あかすり→薬草の全身パック→極楽マッサージ。
2時間経つ頃には、脱皮したかのようなつるつる肌をゲットしました。
店内のインテリアも、モロッカンで可愛いかったんだ。


ジャラン・ジャラン。

旅に出ると、否が応でも自分が日本人だと自覚する作業を繰り返すのが常でした。
どんなに楽しい旅であっても、行く先々の街ですれ違う人々の視線、その土地の空気は
いつまでたってもわたしが異邦人のままであるということを強く物語っていた気がします。

だけれども、イスラム文化と他文化が交わる不思議な街、クアラルンプールでは
わたしが誰なのかということを、誰も気にしない。

それが非常に心地よくって、自分が旅人であるということも一瞬忘れそうになったっけ。

知らないのに、知っている。

初めてなのに、懐かしい。

わたしってば、前世はマレー人だったのかもしれません。