Sunday, 24 September 2017

SKINS


今年Netflixで一番夢中になったドラマそれは『スキンズ』。
どのくらい夢中になったかというと、ドラマのテーマ曲が夢に出てきたほど!

2007年から6年間、10代の恋愛や友情を、社会問題を織り交ぜながら
ポップかつスタイリッシュに独自の視点で描き続けた2000年代英国ティーンドラマの金字塔です。

ニコラス・ホルトやカヤ・スコデラリオ、ハンナ・マリー、ルーク・パスカリーノ...
英国の今をときめく若手俳優達(当時は皆まだ10代)が次々と登場するのだから
なんて贅沢なドラマなのだ...!とため息を付かずにはいられません。


7シーズンに渡る本作は、約2シーズン毎に主人公の世代が変わりキャストが総入れ替えになるのですが、
ダントツに面白かったのは、やはりシーズン1&2のファーストジェネレーションでした。

容姿端麗成績優秀だけれど性格に難ありなTony、心は優しいけれどどことなく情けないSid、
いつだって夢見がちな不思議ちゃんのCassie、学年で一番の美少女Michelle、
先生に恋するやんちゃなChris、真面目で皆のお姉さん役Jal、
親に反対されながらもダンサーを目指すMaxxie、脱童貞を夢見るムスリムのAnwar。

ドラッグ、摂食障害、ネグレクト、家庭内暴力、心の病など
なんともダークなテーマを扱いながら、
英国式のウイットとユーモアに溢れた優しい視点で仲良し同級生8人それぞれの青春を映し出し、
『トレインスポッティング』を彷彿とさせる大胆な画面構成や
突然のミュージカル風な演出を取り入れて
見る側のわたしたちを決して飽きさせないドラマです。

TonyとSidが亡き大親友の棺を盗み、ブリストルの街を車で疾走するシーンは
みみこ的ドラマ史に残る名場面となりました。
エモい...エモすぎるよ!

若者特有の早口な英国スラングに耳は追いつかず目は回りそうになりながらも
鑑賞するのが楽しみで仕方なかった作品。

甘酸っぱいだけの青春ドラマはもういらないんだな。