Saturday, 10 March 2018

"Vienna is a handsome, lively city, and pleases me exceedingly."

縁あって、人生2回目のウイーンにやって来ました。

真冬。
こんな季節に旅をするのだから、ある程度の寒さは覚悟していたのだけれど。

ヨーロッパを大寒波が襲った2月。
北国出身とはいえすっかり東京の冬に身体が慣れきっていたわたしにとって、
連日マイナス10度前後と肌を刺し耳まで凍るような冷たい空気の中街歩きするのは久々で
想像以上の寒さに耐え忍びながら楽しみを見つけてゆく作業の繰り返しとなりました。

「寒くない!寒くない!」という自己暗示とエドウィンの裏起毛ジーンズ、
そしてウィーンのカフェ文化と美味しい料理に救われた旅であったな。

ウイーン市庁舎前には毎冬恒例のスケートリンク。
わたしもここでスケートをしたいぞ!と思っていたのだけれど
いざやって来たら子供達しかいなかったので気後れして滑らず。

ウイーン1区の美しさにはっとした。
冬は観光のオフシーズン。なんとまぁ人の少ないこと。
わたしたちはこの美しい街並みを、独り占めした!
るるるる〜。

DEMEL本店のティーサロンにてデメル版ザッハトルテを
予め電話で予約をしてもらっていたので、長蛇の列に並ばず直ぐ着席できました。
皇姫エリザベートもお忍びで訪れたという名店のザッハトルテは甘さ控えめ。
たっぷりのクリームと一緒にどうぞ。

はいっ、こちらは日本語でヤマウズラを意味するRebhuhnというお店でいただいた
サクサクのウインナー・シュニッツェル。
わたしの両手よりも大きかったので食べきれるか心配になるも、
薄くて軽い仕上がりのためあっという間に食べきってしまったよ。

ナッシュマルクト内にある小さく可愛いレストランNeniでのランチは
野菜のグリルとフムス、フォカッチャ付き。
店員さんもお客さんも若くておしゃれな子ばかりだったのが印象的。

ウイーンっ子の集まる老舗カフェDiglasにて
チョコレートケーキとホットチョコレートというチョコレートづくしを味わう。
どこからか長身のお兄さんが現れ、突然店内のピアノでジャジーな曲を奏で始めた優雅な午後でした。

プラーターのすぐ近くに位置するレストランGasthaus Hansyにて食べたのは
ウイーン風ビーフステーキ、ツヴィーベルローストブラーテンという呪文料理。
濃厚な甘口ソースと柔らかなお肉、カリカリに焼かれたオニオンスライスが相まって
天にも昇る美味しさだったなぁ。

旧市街にひっそりと佇むは三位一体ギリシャ正教会。
17世紀この界隈は貿易を営むギリシャ商人が多く住み始め、ギリシャ人街として栄えたのだそう。
ビザンチン様式の豪華絢爛な教会の中はカトリックの教会と趣が異なり、薄暗くて祭壇や椅子がありません。
祈りの部屋で熱心に祈りを捧げるひとりの信者さんの姿が印象的でした。

なんて事ない住宅街、通りすがりに見つけたタイルに目が釘付け。
どこの国へ行ってもこういう細やかな作業が施されたものを見つけては喜んでいる。
どことなく西洋と東洋が融合したようなデザインだなぁと惚れ惚れ。

エドウィンの裏起毛ジーンズからワンピースに着替え、かの有名な学友協会へ。
ニューイヤーコンサートでお馴染み「黄金の間」でブルックナーの交響曲第0番を聴きました。
死ぬまでに学友協会で音楽を聴きたいという夢がこんなに早く叶ってしまった。
しかも父の大好きなブルックナーの交響曲!
心の底からありがとう。

2本の円柱が目を引くシンメトリーな教会カール教会。
ペストが大流行した1713年、マリア・テレジアの父カール6世により、
ペストの守護聖人ボロメオを祀る教会として建立されました。
ウィーン中心部のランドマーク的存在です。

19世紀のオーストリア建築界に突如沸き起こったユーゲント・シュティール(アール・ヌーヴォーと意は同じ)を代表する建築家のひとり
オットー・ワーグナーの作品、マヨリカハウス。
壁の装飾とゴールドのバルコニーがいかにも世紀末風で素晴らしいので、
いつまでも眺めていられる。

こちらもオットー・ワーグナーが設計したカールスプラッツ駅舎。
ひまわりはユーゲント・シュティールで多用されたモチーフなのだそうです。
写真に収まっているのは、完璧な旅を用意してくれた、わたしより小顔な海の向こうの人です。

またまたこちらもオットー・ワーグナーの作品、メダイヨン・マンション。
近づいてよく見るとメダル型のレリーフが装飾されています。
グリーンとゴールドの色使いがワーグナーの特徴ですね。

地震も無く、古く良きものを大切にするこの国では
100年を越す建築物が丁寧に手入れされ、今も変わらず機能しています。
中でも滞在させてもらったこのフラットのエントランスはため息ものの美しさ!
しかも、ここから10分もしない所にシュニッツラーが晩年を過ごした家があったので震えた。

早朝からオープンしているベーカリーで選んでもらった焼きたてのパンから漂ういい匂い。
冬の日の朝ご飯は寒さに負けないようにボリューム満点。
幸せをそのまま表現したようでもあって、泣きそうになる。
ひとりぼっちでない朝食はよいものだよね。


"Vienna is a handsome, lively city, and pleases me exceedingly."
そう言ったのは、かの有名なショパンなのだそうですが、
それから100年以上の時を経て、2018年の今、わたしも全く同じ気持ちでいる。


春の花咲くベルベデーレ宮殿を訪れることを夢見て、
冬の装いをした美しい国と暫しのお別れです。